秘書がついてくれる!

医者にも秘書がつくことがある!?

秘書と言えば企業の社長や政治家などのもとで働くイメージが強いのではないでしょうか。しかし、医者にも秘書がつくことがあります。秘書の仕事には電話応対、来客対応、スケジュール管理などがあります。大きな病院を経営している医者は、経営や診察以外にも講演や学会などへ呼ばれることもあり忙しいです。このため秘書を雇うことが多くなっています。医者の秘書と言っても仕事内容は他の秘書と変わりありません。医者の代わりにメールの内容をチェックしたり、タクシーを手配するなどのフォローが基本です。また、英語の論文を分別したり、海外の医療を学ぶときに英語のスキルが必要になることもあります。病院の庶務を任せられることもあるので、医療の知識は持っておいてもいいかもしれません。

医局秘書やドクターズクラークの求人がお勧め!

医者の秘書になりたいと思ってもなかなか募集はありません。求められるスキルが高く、待遇も良いため求人票が出回らないからです。そんな時は医局秘書やドクターズクラークの求人を探してみましょう。医局秘書は医療に関する文書や資料作成などで医局をサポートします、ドクターズクラークは医師の業務を軽減するために医師の指示のもと事務作業を代行するお仕事です。患者さんの検査や処方箋、使った薬剤の記録、カルテ記入の代行などが主な仕事です。医者にはカルテ記入や診断書の作成など事務作業が多く、どうしても残業になってしまいます。そのためこれらの仕事は求人も多く出回っています。医師のフォローをするため医学知識が必要と思うかもしれませんが、仕事内容は秘書の範囲です。コミュニケーションやパソコン操作が出来れば何も問題はありません。